成長ホルモンの検査とは?

診察・検査の手順

問診

既往歴や自覚症状などを専門医が詳しくお聞きします。

身体測定など

身体測定や体脂肪などを測定します。

成長ホルモンの分泌刺激試験

成長ホルモンがどのくらい出ているのか調べるために、
成長ホルモンの分泌を促す薬を投与して、検査を行います。

また、成長ホルモンはつねに一定の濃度で分泌しているわけではなく、時間の経過ごとに濃度が異なります。そのため、一定の間隔を空けて何回か採血して調べることもあります。

*成長ホルモンの指標となるIGF-I
IGF-I(insulin like growth factor-I)はソマトメジン-Cとも呼ばれます。成長ホルモンを仲介している物質で、成長ホルモン濃度の指標となるものです。

成長ホルモンの24時間分泌パターン

国立病院機構 京都医療センター 臨床研究センター長 島津章先生

このページの先頭へ