成長障害の原因

身長が低いことや、伸びが遅いことには、さまざまな原因があります。
原因について知ることで、保護者へ適切なアドバイスをすることができます。

成長障害の主な原因
低身長の原因は、病気のほかに、体質的なものや心理的なものなどがあり、治療可能な場合もあります。

詳しくはこちら

ホルモンの異常による成長障害
脳下垂体から血液中に分泌される成長ホルモンが不足すると、身長の伸びが鈍くなります。

詳しくはこちら

小さく生まれたことが関係している成長障害
生まれたときから小さい子どもは、SGA性低身長症の可能性があります。

詳しくはこちら

染色体検査によって診断される成長障害
女子のみに発現の可能性があるターナー症候群という成長障害とプラダー・ウィリー症候群について解説します。

詳しくはこちら

骨・軟骨の異常による成長障害
骨・軟骨の異常の中で比較的多い、軟骨無形成症について解説します。

詳しくはこちら

このページの先頭へ