成長ホルモン治療の終了診断と治療

成長ホルモンによる治療は骨年齢で男子17歳、女子15歳くらいまでが目安

成長ホルモンによる治療は、思春期を過ぎて骨が成熟してしまってからでは、効果は期待できません。骨の成長段階は、手のレントゲン写真を撮って「骨年齢」を調べることによって把握できます。

骨年齢が男子17歳以上、女子15歳以上になると、骨端線が閉鎖し、成熟した大人の骨になり身長の伸びが止まります。それが「成人身長」です。

成長率が低下して「成人身長」になると、成長ホルモンによる治療は終わります。この時期を決定するためにも、成長曲線で身長の伸びを確認することが重要です。

なお、身長が、男子156.4cm、女子145.4cmに達したとき、あるいは一般に1年間に3.0cm以上(疾患により若干異なり、一部の例外があります)伸びなくなったときには、小児慢性特定疾病の医療費助成制度による公費負担は適用されなくなります。

小児慢性特定疾病の医療費助成制度

成長ホルモン治療の終了(骨端線の閉鎖)

このページの先頭へ