診断と治療

初めての受診から、治療内容や治療期間などについて解説します。
成長ホルモン治療の医療費は高額になりますが、用意されている各種助成制度が利用できる可能性があります。

成長障害の診断的アプローチ
血液検査や尿検査、レントゲン撮影などを行い、低身長症の疑いがある場合には精密検査を行います。

詳しくはこちら

成長障害の診療の実際
みなさんの知識と冷静な観察が、成長ホルモン治療が必要な子どもの発見に貢献しています。

詳しくはこちら

成長ホルモン治療
成長ホルモン治療は、遺伝子組換えにより作られた天然型ヒト成長ホルモンを在宅自己注射する治療方法です。

詳しくはこちら

成長ホルモン治療の副作用
元々身体の中にあるホルモンなので、副作用はほとんどありません。一方、成長ホルモン治療が禁止されている疾患があります。

詳しくはこちら

成長ホルモン治療の終了
骨年齢が成熟する15~17歳くらいまでが、治療期間の目安となります。

詳しくはこちら

成長ホルモン治療の適応症と医療費助成制度
成長ホルモン治療が健康保険の適用となる疾患を紹介します。また、医療費助成制度について解説します。

詳しくはこちら

小児慢性特定疾病の医療費助成制度
成長ホルモン分泌不全性低身長症などは小児慢性特定疾病に認定されており、公費助成の対象となっています。

詳しくはこちら

t
高額療養費制度などその他の助成制度について解説します。

詳しくはこちら

このページの先頭へ