成長障害の診療の実際診断と治療

成長障害の診療の実際(成長ホルモン分泌不全性低身長症を中心に)

  • ※ クロニジン試験とは
    成長ホルモン分泌刺激試験の1つ。間接的に脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促します。クロニジンを内服後、血液中の成長ホルモンの濃度を測定して判定します。

著作権者:一般社団法人 日本小児内分泌学会

本Webサイトに掲載をしております成長曲線につきましては、一般社団法人 日本小児内分泌学会の
使用許諾を得て掲載しており、無断転載、複製は禁止されています。

このページの先頭へ