成長障害の診療の実際診断と治療

成長障害の診療の実際(成長ホルモン分泌不全性低身長症を中心に)

  • ※ クロニジン試験とは
    成長ホルモン分泌刺激試験の1つ。間接的に脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促します。クロニジンを内服後、血液中の成長ホルモンの濃度を測定して判定します。

監修:公立大学法人 福島県立医科大学 ふくしま国際医療科学センター 特命教授
甲状腺・内分泌センター長 横谷 進 先生

このページの先頭へ