子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

成長障害の治療ってどうするの?

成長ホルモン療法とは?

成長ホルモン療法ってどのような治療なのですか?

成長ホルモンは内服しても無効なので、注射することが必要です。投与量は体重1kg当たり1週間に0.5単位とすることになっています。以前は週に2~4 回通院して筋肉注射を受けねばならなかったのですが、インスリン注射などと同様、成長ホルモンも在宅で注射することが厚生労働省から認められてからは、自宅で毎日皮下注射することが可能となりました。正常児では睡眠のはじめの頃に大量の成長ホルモンが分泌されるので、これに似せて毎晩の注射により成長ホルモンが睡眠中に増えるようにするのが、もっとも自然です。実際、1週間の投与量が同じならば、週2~4回注射するよりも少量に分けて毎晩注射したほうが背を伸ばす効果があることが知られており、以前にくらべて有効性が増しています。