子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

子どもはどうやって成長するの?

“背が伸びる”とは?

背が伸びるパターン

私たちの身長は、常に一定のスピードで伸びるわけではありません。次の3つのパターンで成長しているのです。

乳幼児乳幼児
生まれたばかりの赤ちゃんの身長は約50cmです。1歳までに生まれたときの身長の1/2(約25cm)伸びて約87cm、2歳から4歳までの2年間に同じように約12cm伸びて、生まれたときの身長の2倍(約100cm)になります。この時期の成長には、栄養の摂取が重要な働きをしています。
小児期小児期
4歳の平均身長は約100cmで、その後は年間約6cmずつ伸びていきます。この時期の成長に「成長ホルモン」が大きく関わっています。
思春期思春期
思春期の年齢になると、成長する速度が急速に速くなります。これを思春期の成長スパートといいます。速度がピークに達する年齢は、男子が13歳、女子が11歳です。ピークを過ぎると、速度はゆるやかになり、やがて身長の伸びが止まります。この時期は「性ホルモン」が重要な働きをしています。

男女の平均的な成長パターン

ここで示したものは、平均的な成長のパターンです。
実際には、子どもの代謝状態や、さまざまなホルモンの出方、生活環境などによって個人差があります。