子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

子どもはどうやって成長するの?

睡眠と成長

十分な睡眠時間をとりましょう

子どもの生活時間は生活環境の変化とともに夜型化しています。最近の小・中・高校生の就寝時刻をみると学年が進むに従って遅くなっていることがわかります。就寝時刻が遅くなると睡眠時間が減少するほかに、起床時間も遅くなりがちなことから朝食を食べなくなるなど生活習慣全般に影響します。
また10時以降に就寝する3歳児の割合は52%にものぼり(平成12年度幼児健康度調査報告書、社団法人日本小児保健協会)、幼児の夜型化も問題となっています。

就寝時刻の変化

平成20年度児童生徒の健康状態サーベイランス事業報告書(財団法人日本学校保健会)より作図

睡眠はなぜ大切か?

それでは、睡眠はなぜ必要なのでしょうか。
睡眠は体を休めるだけでなく子どもの成長において大きな役割を担っています。子どもの成長は、乳児期から思春期にかけて急激な伸びを示しますが、身長は成長ホルモンと呼ばれる物質がはたらくことによって伸びます。この成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのが睡眠時になるため、質のよい睡眠をとることが子どもの成長には不可欠となります。低年齢の子どもの夜型化には大人の生活習慣が影響を与えています。大人の生活習慣から見直すことも大切です。