子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

身長が低い病気ってなに?

SGA性低身長症について

SGA性低身長症ってなあに?

SGA

多くの方にとって聞きなれない単語だと思います。英語の「Small‐for‐Gestational Age」の略で、お母さんのお腹の中にいる期間(在胎週数)に相当する標準身長・体重に比べて、小さく生まれることをいいます。身長と体重が100人中小さいほうから10番目以内に入ると、SGA。そのうち約90%は、2-3歳までに成長が追いつきますが、追いつかない場合は、SGA性低身長症が疑われます。

「SGA性低身長症」かどうかは、どうしたらわかるの?

いまの身長が標準からどれくらい離れているか、1年間でどのくらい成長しているかなどを知るために、これまでの身長の記録から、成長曲線をつけてみましょう。成長曲線の記録が、低身長の原因を知る重要な手がかりとなります。
低身長には、SGA以外にも、体質性のもの、病気によるものなどさまざまな原因が考えられます。くわしくは、専門医にみてもらってください。

SGA性低身長症の場合、こんな成長曲線が描かれます。


お子さんの成長曲線をつけてみよう
成長曲線の見方・つけ方はこちら

SGA性低身長症のお子さんは、成長期を通じて、また成人になっても、背が低いことが考えられます。このことから他の低身長症と同様に、自分に自信がもてない、ひきこもりになる、学校でいじめにあいやすいなどの問題が起こりうると、専門家たちの間で考えられています。

うちの子はSGA性低身長症?低身長チェック
SGA性低身長症がよくわかる!成長曲線記録シートつき小冊子プレゼント中!

どこに行けばいいの?

SGA性低身長症*かも?と思ったら、小児(内分泌)科の専門医を受診してください。
低身長を改善するために、3歳から成長ホルモンによる治療を始めることが可能です。
*骨端線閉鎖を伴わない

お近くの病医院検索はこちら