子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

身長の伸びがおそいかも?

なぜ身長が低いの?

うちの子どもはなぜ身長が低いのですか?

低身長の原因には病気とは考えにくい体質的なものもあり、さまざまな可能性が挙げられます。

成長障害がもたらす主な原因(順番は頻度順ではございません)
1 ホルモンの異常(成長ホルモンの不足、甲状腺ホルモン不足など)
2 染色体の異常(ターナー症候群など)
3 小さく生まれたことが関係しているもの(SGA性低身長など)
詳しくはこちら
4 骨・軟骨の異常(軟骨無形成症など)
5 主要臓器の異常(心、腎、肝、腸の病気など)
6 心理社会的原因(愛情遮断性症候群など)
7 病気とは考えにくいもの(体質性低身長、家族性低身長、思春期遅発症など)

その中には、子どもの成長を調節する成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどの不足を原因とするものもあります。このふたつは、治療ができるので成長障害の原因の中でも早期に治療することが重要です。また、中にも成長障害を起こすものがあります(ターナー症候群など)。

その他に、小さく生まれたことが関係しているSGA性低身長症、骨や軟骨の異常(軟骨無形成症など)や、心臓・腎臓・肝臓などの主要臓器の病気、そして愛情遮断性症候群(両親からの虐待・ネグレクトなど愛情欠如のため良好な精神関係が形成されず、このために生じる精神・身体症状)などに代表される成長障害の原因になります。