子どもの低身長を考える 成長相談室

pfizer

成長障害、低身長、成長曲線、成長ホルモン療法の情報サイト

身長の伸びがおそいかも?

体験談
~低身長の疑いを持ったとき~

成長ホルモン治療を開始した後に勇気付けられた言葉や、かけられて嬉しかった言葉を教えてください。

0~3歳の場合
保護者
周囲の身内、友人、知人から「よく頑張ってるね。よく看てあげてるね。」と励まされたことです。(治療開始時:1歳)
いろんな方から「大きくなったね!しっかりしたね!」と言って頂く機会が増えました。また、子供自身からも「注射頑張ればもっと強くなれるよね。」という言葉を聞いたときにはうれしかったです。(治療開始時:1歳)
特に言葉はありませんが、医師が親身に話してくれると安心感があります。また、同じ治療を受けている方々との交流も心の支えになっています。(治療開始時:3歳)
先日、血液検査の時に「お母さんは、そちらで座ってて下さい。」言われました。今まで、子供と一緒になって緊張し、逃げないだろうか、泣かないだろうか、ひざに座らせようか、腕をどう押さえるか、等と思いをめぐらせながら検査室に入っていたのに、子供がすたすたと椅子に座り自分から手を出したのです。私は、一瞬何が起きたかわからない程でした。子供の成長ぶりに感動し、本当にうれしかったです。以前、泣き喚く我が子にあきれていた先生も「成長したなぁ!」と感心していました。(治療開始時:3歳)
4~6歳の場合
保護者
T大学病院のK先生から「今の医療の発達は目覚しいものがあるので、とにかく希望を持ってください」と励まされたことです。(治療開始時:4歳)
治療開始後に身長の伸びがよかったので、病院で身長を計るたびに看護師さんや先生に「伸びたね」と言われたことが嬉しかったです。(治療開始時:5歳)
同じ病気の患者さんの会で聞いた話やその会報誌で読んだお話に励まされています。(治療開始時:5歳)
主治医の先生が「効果がでているのでこのまま続けましょう」と言って下さった時に勇気付けられました。(治療開始時:5歳)
通っている病院で同じ病気を持ったお子さんを育てているお母さんに声をかけてもらったときに勇気付けられました。(治療開始時:6歳)
本人
主治医の先生に、「1年間の身長の伸び率が、前年より良い」と言われた時はうれしかったです。(治療開始時:5歳)
7~12歳の場合
保護者
治療の甲斐あってか、検診の時に身長が伸びていることが本当にうれしかったです。(治療開始時:7歳)
検査を受けたときには成長ホルモン治療を受けることができるとは思ってなかったので、私の母から、「治療を受けるチャンスに恵まれてよかったね。」と言われたことです。(治療開始時:8歳)
いろんな人から「体型がしまって見えるようになった。背が高くなった。」といって頂けるようになったことがうれしいです。(治療開始時:11歳)